旅人@Иринаの簡単ダイエット.png

Irina@Diet

胃を小さくする

ダイエット中でもついつい過食しまう事ありますよね。

過食で胃が大きくなってしまい食事を制限しようとしても
お腹が全然満たされないそしてまた過食。

そんなサイクルから抜け出すための、胃を小さくする方法を
知っておきましょう。

そもそも、胃は大きくなりません。

過食気味になっている事を「胃が大きくなる」と表現する事は
あっても、実際に胃が大きくなる事はないのです。


もちろん、胃袋自体は伸び縮みする臓器ですから
たくさん食べれば一時的に胃が膨らむ事はあります。


でも消化したものを腸に送り出したら、
また元の大きさに戻るものです。


つまり、通常な状態の胃の大きさが変化する事はありませんし、
人によってそこまで大差がある事もまずありません。


では、過食が続いたあとに食事制限をすると満足できないのは
胃が大きくなってしまったわけでは無いのなら何故なのでしょう。

それは満腹中枢の働きによるものです。

満腹になったかどうかを決めるのは、胃が空いているかどうかでは
なく、脳にある満腹中枢が満腹信号をキャッチして判断します。

過食の日々が続くと、その食事量に脳が慣れてしまいます。

すると満腹中枢の働きが鈍くなり満腹信号を感じにくくなります。

こうなると、いくら食べても満腹だと感じなくなってしまいますね。

要するに、「慣れ」という事です。

この満腹中枢の働きを元に戻すのにはどうしたら良いのでしょうか。

それにはやはりよく噛んで、ゆっくり食事をする事。

これが一番大事なのです。

よく噛んで、よく味わい満腹中枢に「食べている」
という事を認識させる事が大事なのです。


何にだって悪い「慣れ」を変えるには、良い
「慣れ」を身につけるしかありませんよね。

それは食事にだって言える事なのです。

よく噛んでゆっくり食べる事を習慣にして、
腹八分ぐらいで止めておけば、満腹中枢が
それに慣れて、「胃を小さくする」事が
できるはずですよ。

http://123direct.info/tracking/af/162542/XbGEUfvP/

87ページもある「無料」
とは思えないくらいのレポートをプレゼント中!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■デトックスダイエット■
http://123direct.info/tracking/af/162542/OlOvndxz/

■本当に「脚やせ」が実現出来る!究極のシークレットノウハウ■
http://123direct.info/tracking/af/162542/dq0Y7jeZ/

■村本エリカ.com■
http://iriska-star.com/repo/muramotoerika.pdf

PDFファイル(30ページ)再配布権付で詳しく
ご紹介しております!


※ご注意
PDFファイルをご覧いただくには、
「Adobe Reader」が必要となります。(無料)
お持ちでない方は、ダウンロードしてください。
http://get.adobe.com/jp/reader/

また、ダウンロードしたファイルが圧縮されている
(拡張子が.lzhや.zipになっている)場合は、
+Lhacaなどの解凍ソフトをダウンロード(無料)
して使って解凍してください。

+Lhaca(窓の杜)
http://www.forest.impress.co.jp/lib/arc/archive/archiver/pluslhaca.html
【著作権者】 村山 富男 氏


またOSでビスタをお使いの方でインストール時に、
エラーが出ましたらこちらのサイトをご参照くださいね。
■+Lhacaをビスタで使用可能にするには■
http://www.owlnet.jp/pcdr/main/vista-lhaca.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼完全無料のレポート集もみてくださいね^^▼

無料とは思えない中身の濃いレポートがたくさんありますので
お好きなのをどうぞ!!

無料レポート集へ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by Ирина | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。